ホーム 私たちの活動 感動発掘・発信インタビュー 04 きっかけは、押し花の乾燥技術を考案した父の影響。

杉野宣雄(すぎの・のぶお)

ボタニックアート(押し花、ネイチャープリント、レカンフラワーなど植物で描く芸術の総称)の第一人者。
福岡県大牟田市生まれ。父・杉野俊幸、母・杉野道子も押し花作家。
現在、ふしぎな花倶楽部副会長、世界押花芸術協会会長、レカンフラワー協会会長、英国押花クラフトギルド名 誉会員、花と緑の研究所所長。横浜市在住。
1998年 米国「フィラデルフィアフラワーショー」押し花コンテストで、日本人初のグランプリ受賞。
1999年 海外の押し花作家との交流を積極的に行い、世界押花芸術協会を設立。
2000年 NHK「趣味悠々」出演。
2001年 日英政府交流事業「JAPAN2001」として、イギリスのケンブリッジ大学植物園で個展開催。
2003年~押し花絵画の国際公募展「創造展コンテスト」を父・俊幸とともに創設。
2006年 東京・日本橋三越「杉野宣雄 押し花展」(~2007年。沖縄、新潟、名古屋、札幌を巡回)
2006年~横浜赤レンガ倉庫で「花と緑で楽しむアートクラフト展inよこはま2006」を開催(以後、毎年開催)。
2007年 NHK「おしゃれ工房」出演。野菜のアート「野彩(やさい)クラフト」を発表。
2007年 故郷の福岡県大牟田市で「世界押し花絵芸術祭」開催。
2008年 国際的カーレース「インディジャパン300マイル」(栃木県茂木町)優勝者に作品贈呈。
2009年 米最大のホビーショー・CHAコンベンションに日本代表として招待出展。
2010年~無料動画レッスンサイト「花ぽっと」スタート。
2010年 東京・日本橋三越で、20年記念の個展「押し花20年のあゆみ~杉野宣雄展」開催。
2011年 「押し花で日本を元気に」―東日本大震災復興支援のため、まごころ交流会の活動を展開。
2011年 英国押花ギルドの特別招待講師として、イギリスで研修会を開催。
2012年 NHK「趣味の園芸」オープニング動画作品を担当。