ホーム 私たちの活動 感動発掘・発信インタビュー 11 イタリア伝統の「インフィオラータ」に 新風を巻き起こす「花絵師」

藤川 靖彦(ふじかわ やすひこ)

エフェメラル・アーティスト
1961年4月、東京都世田谷区生まれ。日本大学芸術学部演劇学科卒業。
株式会社インフィオラータ・アソシエイツ 代表取締役社長
http://www.infiorata88.com
Comision Gestora Internacional de Entidades de Alfombristas de Arte Efimero理事
エンジン01文化戦略会議会員

2012年9月、スペイン・バルセロナで開催されたエフェメラル・アートの世界大会「Congres Internacinal d'Art Efimer」において、日本代表として招かれ江戸錦絵を「インフィオラータ」で再現、大きな話題を呼んだ。2012年3月11日、宮城県石巻市を流れる北上川の中州に、10,000本のバラと、10,000個のキャンドルで、東日本大震災被災者に向けた追悼アート「桜灯2012」を、石巻市民とともに創作。
2013年5月、「インフィオラータ」の本場イタリア・ノート市より招かれ、"日本へのオマージュ"をテーマに8枚の作品を創作するとともに、様々なコンテンツミックスにより"日本"をプロデュース。ノート市史上最高の観衆を集め表彰を受ける。
2014年6月、バチカンで開催されたエフェメラル・アートの世界大会「Congresso internazionale dei tappeti d'arte effimera」において、日本代表として招かれ、「花歌舞伎」と題した壮大な歌舞伎絵のインフィオラータを、サンピエトロ寺院前に創作。世界中のメディアが絶賛した。また同国際会議において議長を務める。
また、かねてから推奨していた、離島における「バカンス型SOHOスタイル」を実践すべく、八丈島にアトリエを開設。大自然に囲まれながら、健康的且つ効率的なビジネスライフをおくるとともに、年に1~2回大好きなアフリカのサバンナを訪ね、マサイ族との交流や野生動物たちの撮影を行っている。

感動とは

夢に恋しないと新しい発想も出てこないし、目標も出てこない。目標もなし発想もなしといったら、感動もない。
そういう意味で、僕の中では常に、「夢に恋して」ですね。女性に恋をするのと同じで、夢というのもどうやって口説こうか、どうやってこの夢を自分のものにするかってことを考える。それって結構自分の中で活力になるんだと思う。
活力がないと、どんどん老けちゃうし保守的になってくる。だから常に恋をしなくちゃいけない。だから夢に恋をして常にそいつを口説いてる。ものにするための試行錯誤をしながら。