ホーム 私たちの活動 感動発掘・発信インタビュー 06 光で空間をつくる、ライティングクリエイターという仕事

山中敏裕(やまなか としひろ)

  • (社)日本ライティングコーディネート協会 副会長
  • (社)インテリア産業協会 照明委員
  • (社)長寿社会文化協会 照明委員
  • (財)横浜産業振興公社 研究員
  • 1983年 大阪体育大学体育学科卒業 運動生理学専攻
  • 1983年 小泉産業株式会社入社 商品企画部配属。
  • 1985年 東京支社 商業施設開発担当。
  • 1988年 東京LCR部市場開発室在籍。
  • 1989年 照明事業本部ショールーム解説準備室。
  • 1995年 照明事業本部事業企画室 イズム企画室室長
  • 2001年 ライツワークス設立
  • 2006年 日本ライティングコーディネート協会設立
  • 2008年 大阪 企画会社『アイザック』設立

感動とは

取材の会話中に「電気を消して寝る・・」と話したとき、山中さんが「そう!日本人は照明のことを電気というんです!」と。私たちは照明について学ぶ以前に正しく認識すらしていないことに納得をしました。笑顔で楽しく話され、仕事から趣味まですべてに好奇心とこだわりが感じられました。明かりの文化や光がもたらす感情など、山中さんの探究心は計り知れず広がりを見せています。今後も、照明学をめざすなか、こころに響く照明で、感動ある豊かな社会になることを期待しています。